吐きつわりと眠くなるつわり

 

 

"妊娠がわかる前から、なんとなくご飯を食べると気持ちが悪くなっていました。妊娠がわかってからは、ほとんどの食べ物、飲みのもを受け付けられず吐くばかりでした。

 

朝の起床時には何も口にする前から吐き気に襲われて、そのままトイレに行くという起床でした。その後は水を飲んでも戻してしまうようにもなりました。

 

5ヶ月くらいになると、和食(出汁が効いているものが一番駄目でした)につわりの症状が出るようになり、他の食べ物はだいぶ受け付けられるようになりました。

 

この吐きつわりは、子供を出産するまで続きました。臨月あたりでも、お味噌汁が食べたくなって食べてもその後に戻してしまう、などと気持ちは食べたいのに食べた後が辛くなることが多かったです。

 

眠くなるつわりは、とにかく身体が重くて瞼が重くてすぐにウトウトしてしまうことが続きました。丁度、仕事は退職していたのでよかったのですが1日の大半をうつらうつら寝て過ごすような感じです。

 

これも出産までつづきました。"

 

 

葉酸サプリはつわりにも効果があるという商品が存在しているようですが、
ディアナチュラ葉酸サプリは、つわりにも効果があるのでしょうか?また、危険なサプリメントではないのでしょうか。

 

また、ベルタ葉酸サプリは35歳からの高齢出産となる方にもおすすめです!

 

妊娠することでつわりが起きるわけですが、中には不妊に悩む方もおられますよね。
黄体ホルモンを増やして妊娠しやすくするために、プロベラはいつから飲むか、知っておくと良いかもしれません。

 

また、流産後に妊娠できない原因にはどのようなことがあるのでしょうか。→http://xn--n8jub3c433s9nd1ye93ah50ak64auqq.com/entry6.html

 

 

 

吐きつわりは10日間の絶食管理入院、眠くなるのは寝て過ごす

 

 

"吐きつわりの一番症状が悪いとき(水も飲めない)は10日間の点滴のみの管理入院をしました。退院後は調べた、吐きつわりのしにくいと言う方法をいろいろ試しました。

 

まず、朝の起床時のつわりは前日の夜に枕元にプレーンのクラッカーと水を置いておいて、目が覚めたらすぐに口の中に入れるという方法。(私は効きませんでした)

 

炭酸飲料を飲む。ゼリーのような固形でないものを食べる。カキ氷を食べる。というような、吐きつわりのときに食べやすいものと言うのを試しました。

 

炭酸飲料は効果がありました。

 

また、吐きつわりに効くと言うツボ押しもしました。手首の付け根から指三本後ろの当たりのつぼを押す。足の裏の人差し指の付け根の辺りのつぼを押す。手首のつぼも足の裏のつぼも両手、両足をぎゅうぎゅう押しました。足の裏は結構な痛みがあったように思いますが、押し手いるときは痛気持ちよいくらいの加減で押すとよいと思います。ただし、お腹が大きくなってくると自分で押すのは難しくなります。"

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます♪